【動画】テキサス親父「韓国の米大使襲撃事件はなぜ起きたのか、オレの考え」 [海外]

RSS Feed Twitter
Headline News
Posted 2015年3月18日
※ 【 時事、韓国 このネタを含むブックマーク [ ネタ元 : YouTube ]
属国の歴史ですから英雄などいるわけもなく、本物の英雄がいれば独立できたでしょうから...
テキサス親父
>>> 【テキサス親父】異常国「韓国」駐韓米国大使リッパート氏襲撃は起きるべくして起きた

字幕【テキサス親父】異常国「韓国」駐韓米国大使リッパート氏襲撃は起きるべくして起きた

2015/03/05に駐韓米国大使が金基宗と言う韓国人に朝食会で切りつけられるという事件が起きた。

韓国では、1909年に安重根という日本の総理大臣伊藤博文氏を暗殺した人間を「英雄」として扱い、韓国の大統領は、中国の国家主席に対して、ハルピン駅に安重根を記念する記念碑や記念館を建てたいと申し入れ、それが実現した。

そこで、テキサス親父は考えた。 アメリカでは、ヒーローは、偉大なことを成し遂げた人であり、暗殺者や殺人犯や犯罪者ではない。

それぞれの国で、英雄や偉人については、子供に教えられる。 日本でも、歴史上、数々の偉人や英雄がおり、その事に関して、学校などで習う。

それと同じように韓国でも、子供達は、韓国の英雄について習うわけだが、韓国の英雄は「暗殺者」の安重根。 これが、英雄視されると言う事は、その事を習った子供達は、暗殺する事で英雄になれると思うわけである。

このような教育が行われているから、今回のこのような大使襲撃などが平気で行われるのではないか。

>>> youtube.com

Related Posts with Thumbnails.

▽ 時事ネタ 最新のエントリー
COMMENT

一人のアメリカ人を切りつけた積りでも全てのアメリカ人に切りつけたのと同じだ!
一切の捻りも加えずに親父が言い放った言葉には凄みしか無いな・・・。
アメリカ人が怒ってるのは本当なんだな~てこの動画で確信したわ;

@ Anonymous | 2015年3月19日 04:25
POST A COMMENT




SEARCH
SPONSORED LINK
BOOKS
SPONSORED LINK
POPULAR PAGE
RAKUTEN
SITE DATE
MOVABLE TYPE 5.12